社会貢献度の高い資格|セラピストの資格を取ってみよう|癒しを提供する仕事

セラピストの資格を取ってみよう|癒しを提供する仕事

社会貢献度の高い資格

男女

コミュニケーションの喜び

言語聴覚士はその名前の通り、話す、聞く、食べることの専門家で、チーム医療を支える屋台骨のひとつである国家資格で、育成学校を卒業後国家試験に合格する必要があります。リハビリテーションの一端を担う立場であり、コミュニケーションに係わる機能の回復のための訓練を行っていく事になります。資格取得後の活躍の場としては医療現場が半数以上を占めますが、高齢化が進む近年では高齢者施設で活躍する言語聴覚士も増えてきています。仕事の内容上、圧倒的に女性の多い職場であり、活躍の場も広がっていることから学校卒業後も就職にも有利であり、出産、育児後の社会復帰を望む女性にとっても、時短などの勤務時間にも柔軟に対応してもらいやすい環境です。

学びの場を選ぶ

国家資格である言語聴覚士は、働き始めてしまえばたとえ新卒であっても患者さんから見ればひとりのプロです。担当した患者さんに適切な対応ができるようにするために、学校でどのように過ごすかがとても大切です。言語聴覚士として働くには医療やリハビリの知識や訓練の技術だけでなく、高い人間性も要求される要求される資質の高い資格であるため、そのために最適と言える学校を選びましょう。エリアやレベルや費用も軽視できない要素ではありますが、カリキュラムや学校の方針を確認したり、オープンキャンパスに足を運んだりして学校の特色や雰囲気も含めて学校選びをしていきましょう。また、国家試験に合格できなければ資格を取得できないので、合格率の高さもかくにんしましょう。