セラピストの資格を取ってみよう|癒しを提供する仕事

人への癒しの提供のために

ウーマン

癒しに必要な様々な方法

セラピストの資格としては、大きく分けて施術を行うボディ系、精神療法や心理療法を行う精神系、エネルギー療法を行うエネルギー系の3つに分けられますが、最近はスポーツ、フード、ハーブセラピストなど治療師、療法士もすべて当てはまるようになりました。ボディ系セラピストの特徴は、お客さまの体の状態を整えることにで、不調を改善し、癒しを提供することです。種類としてはアロマテラピーやリンパマッサージ、リフレクソロジー、などがあります。心理系セラピストの特徴は、心の問題に対し、心理的な負担を軽減すると同時に癒しを提供することです。資格の種類としては、心理カウンセラー、精神療法士、心理療法士などがあります。エネルギー系セラピストは気などのエネルギーを使う療法士で、気孔や霊気などがあります。

癒しの目的のために

ボディ系セラピストは、日本では医師法に「医師でなければ、医業をしてはならない」と定められているため、医師でなければ医療行為は行えません。このため、セラピストの施術は痛みや不調の改善ではなく、癒しを提供することが主な目的となっています。精神系セラピストも医師ではないため、精神疾患の人への施術ではなく、リラクゼーションや心身の負担軽減することを目的としています。セラピストの資格は資格発行団体が定めるスクールに通い、講義を受講することで発行されます。これらの資格は、民間団体が発行しているものが多くあり、技術習得の証明書になります。セラピストとして就職する際には、一定レベルの基礎スキルを持つという証明になりますので、持っていると就職の際に有利になります。そのため就職を目的として、資格を取ることが必要になります。

教諭になるなら

男性と児童

幼稚園教諭になる人は、たくさんいます。学費や合格率さらに就職率などで大学を選択することが大事です。大学名はキャリアブランドと言えるものです。幼稚園業界で評判の良い学校を選択することは、大切なポイントになっています。

養成所で学ぶ方法

大学生

保育士になるために、専門学校への入学を予定している人もいるでしょう。専門学校に通うことで、確実な資格取得を期待できます。しかしデメリットなどもありますので、専門学校での履修を予定している方は注意する必要があります。

社会貢献度の高い資格

男女

言語聴覚士は話す、聞く、食べるの専門家であり、医療の一端を担う国家資格です。高い知識や技術と人間性の求められる資格ですから、それを養うための学校選びも大切です。その学校の国家試験の合格率も大切な要素です。